掛け捨て保険の見極め

掛け捨て保険は、今の現状なども考慮して、今加入されている保険が適切なのかを見極めないと、その保険が損なのか得なのかを判断するのは非常に難しいです。


生命保険の掛け捨ての場合、例えば、お子さんがいて、そのお子さんの教育費や生活費を補填するがための保障を確保されるのであれば、お子さんが成人されるまでの期間だけを保障する掛け捨ての保険の方が効率的です。


掛け捨て生命保険に申し込む場合、FPの方に相談するのが一番いい方法ではありますが、その方がどこかの保険会社さんと仲良くされている場合、その保険会社を勧められる場合があります。ですから、もし、お知り合いにFPの方がいらっしゃいましたら、その方に相談するのが一番でしょう。


保険の掛け捨ては、損をしていると思われる方が多くいらっしゃいますが、全部が全部、損をしているというわけではありません。あなたの今の生活状況で掛け捨て保険が損なのか得なのかをよく見極める必要があります。


スポーツ保険の掛け捨てもそうですが、途中解約はできません。中途脱会する場合は、掛金の返戻は行いません。


傷害保険は掛け捨てタイプと年間タイプがございます。アドバイスとして、各イベントごとに掛け捨てタイプの保険をかけると割高になってしまいます。


女性の方で保険の掛け捨てに抵抗があるという方もたくさんいらっしゃると思います。そんな方にはAIGの「プレミアメディ」がオススメです。「プレミアメディ」では経過年数等に応じた解約返戻金が受け取れます。


掛け捨て・定期保険についてですが、「定期」というと積立になるようなイメージがありますが、保険で言う「定期」とは一定期間の保障を表し、保険料は掛け捨てになります。つまり、割安な保険料で一定期間の死亡保障だけを追及した保険です。


入院保険の掛け捨てはアリコのCMでよく聞くと思いますが、「てごろでがっちり入院保険」。アリコの入院保険は月々の負担が少ない掛け捨てタイプです。ほとんどの病気・ケガを、1泊2日の入院から退院、通院までトータルに保障してくれます。


掛け捨てじゃない保険というのは、掛け金の一部を保険会社が運用し、設定された時期に、設定額を払い戻すわけです。要するに保険商品に、投資信託を抱き合わせて販売しているようなものなのです。


掛け捨てであるスポーツ保険は、活動中(練習・試合など)における事故に加え、自宅から体育館までの交通経路往復中の事故なども保障されます。さらに身体賠償や財物賠償の事故においても保障されます。





Copyright (c) 掛け捨て保険のメリットと掛け捨て保険のデメリット. All rights reserved.


掛け捨て保険のメリットと掛け捨て保険のデメリットサイトTOPへ

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。